WordPressの環境をコピーする

Mirror By: Timmy_L

本番環境のWordPressを開発用にローカル環境にコピーする。

または、本番環境を作成するときに開発環境のWordPressを本番環境にコピーする場合などに使えるWordPressの環境のコピー方法を説明します。

今回は、本番環境⇒ローカル環境にコピーしてみます。

WordPressのコピー方法
  1. ローカル環境の作成
  2. MySQLのデータをエクスポート
  3. 環境の構築手順

ローカル環境の作成

まずは、ローカル環境を作成します。

作成方法はいくつもありますが、良く使われる方法としては以下の2つがあります。

XAMPPでもInstant WordPressでもどちらでも良いのですが、まずはコピーの手順を試してみたいという人は簡単に構築と削除ができるInstant WordPressがおすすめです。

MySQLのデータをエクスポート

まず、「phpMyAdmin」にログインします。
MySQL1
「データベース」タブからエクスポートするためのデータベースを選択します。

WordPress

「エクスポート」タブから「実行する」ボタンをクリックしエクスポートを実行します。
MySQL3

MySQLのデータのエクスポートはこれで完了です。

エクスポートした情報はこの後で使用するためしばらく保持しておきます。

環境の構築手順

1.FTPツールを使用し、コピーしたい環境のWordPress配下のソース一式をローカル完了に転送します。
ftp
2.転送したWordPressのソース一式をXAMPPまたはInstant WordPressで作成したローカル環境に配置します。
Copy2
3.「MySQLのデータをエクスポート」でエクスポートしたデータをインポートするため、ローカル環境の「phpMyAdmin」にログインします。
MySQL19
4.「データベース」タブからインポートを行うデータベース名を選択します。
MySQL9
5・「インポート」タブでエクスポートしたファイルを参照し、「実行する」をクリックします。
MySQL11
6・「インポートが正常終了しました。」とメッセージが出れば完了です。
MySQL12
7.次にインポートを行ったテーブルのドメイン名を変更します。まず、以下のサイトにアクセスしドメイン名の変更ツールをダウンロードします。

MySQL13
※「Problems? Try v 2.1.0 STABLE」をダウンロードして下さい。私の環境では「Download v 3.0.0 BETA」を実行するとエラーとなりました。

8.ダウンロードしたファイルをローカル環境のWordPressフォルダ直下に配置し、アクセスを行います。

MySQL14

9.ローカル環境の情報を記載して「Submit DB details」をクリックします。
MySQL20

Server Name: : サーバ名(ローカル完了であれば、localhostと入力)
Databese Name : インポートしたデータベース名
Username : MySQLのユーザ名
Password : MySQLのパスワード
Charset : デフォルトのままであれば、「utf8」を入力
10.変更を行うテーブルを選択するのですが、デフォルトで全てのテーブルが選択されているため、そのまま「Continue」をクリックします。
MySQL21
11.移行前と移行後のURLを入力して「Submit Search string」をクリックします。
MySQL22
※移行前と移行後のURLはともに末尾の「/(スラッシュ)」を取り入力してください。
12.「Compleated」と表示されれば変更は完了のため、ページを閉じてください。
MySQL18

13.最後に配置したWordPressフォルダ内の「.\WordPress\wp-config.php」をローカル環境に合わせ書き換えます。

wp-config.phpの変更箇所
// ** MySQL 設定 - この情報はホスティング先から入手してください。 ** //
/** WordPress のためのデータベース名 */
define('DB_NAME', '★インポートを行ったデータベース名');

/** MySQL データベースのユーザー名 */
define('DB_USER', '★MySQLのユーザ名');

/** MySQL データベースのパスワード */
define('DB_PASSWORD', '★MySQLのパスワード');

/** MySQL のホスト名 */
define('DB_HOST', '★ホスト名');

/**
 * WordPress データベーステーブルの接頭辞
 *
 * それぞれにユニーク (一意) な接頭辞を与えることで一つのデータベースに複数の WordPress を
 * インストールすることができます。半角英数字と下線のみを使用してください。
 */
$table_prefix  = '★テーブルの接頭語';

これで、環境のコピーは完了です。

ローカル環境のWordPressにアクセスすると、このように本番環境と同じ環境になっていることがわかります。

MySQL23

divider

Trackback URL

http://webnonotes.com/wordpress/wordpress-copy/trackback/

No Comments Yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>