WordPressの定番SEOプラグインAll in One SEO Pack

How to seo wordpress images By: SEOPlanter

WordPressでは記事の投稿は簡単ですが、SEOについてはいまいち不十分です。

しかし、WordPressの定番SEOプラグイン「All in One SEO Pack」を使用することにより簡単に効果的なSEOが設定できます。

今回は、その「All in One Pack」の設定手順をご紹介します。

All in One SEO Packの設定手順
  1. 「All in One SEO Pack」のインストール
  2. 「All in One SEO Pack」の設定内容
  3. 投稿ページでmataタグの情報を設定する
  4. mataタグが表示されない場合のチェックポイント

「All in One SEO Pack」のインストール

1.All in One SEO Pack をインストール、有効化します
AllinOne1
2.有効化すると画面上に警告が表示されますので管理ページで設定を行います
AllinOne2

All in One SEO Pack must be configured. Go to the admin page to enable and configure the plugin.
All in One SEO Pack now supports Custom Post Types and Google Analytics.
⇒「One SEO Packの構成が完全ではありません。プラグインを使用するための設定を管理ページへ行ってください。」といった意味です。

3.「設定」>「All in One SEO」で次のように設定を行います。
AllinOne_Setting1
Disabled」から「Enabled」に変更します。
これで、警告文が消え、All in One SEO Packが使用できるようになります。

All in One SEO Packの設定内容

設定内容は以下の通りです。

AllinOne_Setting2

プラグイン状況「Disabled」から「Enabled」に変更します。これで、警告文が消え、All in One SEOが使用できるようになります。
ホームタイトル<title>タグのテキスト。30文字程度にすると効果的です。
ホーム概要
(Description)
<meta name=”description”>のテキスト。160文字程度でキーワードを盛り込んだ概要にすると効果的です。
ホームキーワード
(コンマで区切る)
<meta name=”keywords”>のテキスト。7~8つ程度が効果的です。
Canonical URLsチェックすると<link rel=”canonical”>(URL正規化タグ)が挿入される。同じページが異なるURLで表示されていても同一ページであることを知らせてくれますので必ずチェックしておきましょう
参考:link rel=”canonical”によるURL正規化タグ——SEOにとって非常に重要な進歩(前編)
タイトルを
書き換える
チェックするとAll in One SEOプラグインが<title>タグのテキストを書き換えることを許可します

 

AllinOne_Setting5

メタキーワードとして
カテゴリーを使う
カテゴリー名を<meta name=”keywords”>に使用します
メタキーワードとして
タグを使う
タグを<meta name=”keywords”>に使用します
動的に投稿ページの
キーワードを生成する
投稿ページの<meta name=”keywords”>を自動生成します
カテゴリーを
noindexにする
カテゴリーを検索エンジンにindex化させないようにします。理由がない限りオフにしておきましょう
アーカイブを
noindexにする
アーカイブを検索エンジンにindex化させないようにします。理由がない限りオフにしておきましょう
タグを
noindexにする
タグを検索エンジンにindex化させないようにします。理由がない限りオフにしておきましょう
詳細を自動生成投稿ページの<meta name=”description”>を自動生成します

 

このほかにも「投稿タイトルのフォーマット 」や「投稿のヘッダーに追加記入 」などの情報が設定できますが、基本的なSEO設定は上記の内容のみで問題ありません。

後はデフォルトの設定で十分効果的なSEOとなります。

トップページにはこれで、概要やキーワードのmetaタグなどが自動で挿入されます。
webnonotes1

 

投稿ページでmataタグの情報を設定する

投稿ページで概要等を表示するときは、「投稿」>「表示オプション」からAll in One SEO Packにチェックを入れます
AllinOne_Setting6-1
表示された、All in One SEO Packのフィールドに情報を入力すると概要などのmataタグが挿入されます。
AllinOne_Setting6
※キーワードは「All in One SEOの設定」画面の設定で、タグ・カテゴリから自動で取得するようできます。

 

mataタグが表示されない場合のチェックポイント

WordPressのSEOを行うため、All In One SEO Packプラグインをインストールして有効化しているものの、<meta>タグが表示されない。

そんなときは次の点をチェックします。

1.All in One SEOの設定画面でプラグイン状況が「Enabled」になっていること

2.ヘッダーテンプレート(header.php)の<head>~</head>に「<?php wp_head(); ?>」の記述があること

※All in One SEO Packプラグインが出力する内容は「<?php wp_head(); ?>」で表示されるため、この記載がない場合は表示されません。

divider

Trackback URL

http://webnonotes.com/wordpress/wordpress%e3%81%ae%e5%ae%9a%e7%95%aaseo%e3%83%97%e3%83%a9%e3%82%b0%e3%82%a4%e3%83%b3all-in-one-seo-pack-2/trackback/

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>