トラックバックとは?

macro pixels url cliche By: Cubosh

ブログを作成していて、困ることが聞きなれない用語がどんどん出てくることです。どんなことでも最初はそうなのかも知れませんが、地道に勉強していくしかないようです。

これも、知らないことの1つです。トラックバックとは?何?

トラックバック(Trackback)と書くそうですが、要するに相互リンクをするための仕組みです。

通常、相互リンクを行うときは、リンク先の相手にメールなりで連絡して、こちらのブログのリンクを貼ってもらいます。

しかし、このトラックバックというものを使用すると相手のブログにも自動でリンクが貼られます。

ちなみに、相互リンクでなくとも他の方のブログ/ホームページにリンクを貼る時は一言連絡するのがマナーだそうです。

そういった事情もあるので、トラックバックはその辺りの面倒な手間を減らせるため利用できると便利です。

トラックバックの使い方
  1. トラックバックURL
  2. トラックバックの送信方法
  3. トラックバックの受信方法

トラックバックURL

トラックバックを行うときは、トラックバックURLが必要です。

トラックバックURLはそれぞれのブログシステムに依存しており、WordPressならば以下の一行でトラックバックURLが出力できます。

<?php trackback_url(); ?>

 

このURLには記事のURLの他、ブログのタイトルや概要・ブログ名などがパラメータとして付加されたものです。

このURLを送信することで送信先はパラメータから自動で相手のリンクを生成します。

 

トラックバックの送信方法

トラックバックの送信方法もブログシステムに依存しますので一概には言えませんが、WordPressでは以下の方法で送信できます。

1.「記事の編集」画面の「表示オプション」>「トラックバック送信」にチェックを付ける

Trackback1

2.画面を更新すると「トラックバック送信」が表示されるため、トラックバックURLを入力して、更新ボタンをクリックする

Trackback2

※今回は、このサイトの別の記事に対してトラックバック送信をしました。

 

トラックバックの受信方法

受信方法も同じくブログシステムごとに異なります。WordPressでは、以下の方法で受信できます。

1.「設定」>「ディスカッション」>「他のブログからの通知(ピンバック・トラックバック) を受け付ける」にチェックをする

Trackback3

トラックバックの受信の設定はこれで完了です。

受信の設定後、先ほどトラックバックURLを送信した記事を見てみるとこのように表示されました。

Trackback4

トラックバックについて調べた内容は以上で終わりです。

当ブログでもTrackbackのURLを下のほうに表示してますので、練習がてら使ってみてください。

divider

Trackback URL

http://webnonotes.com/web/%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%90%e3%83%83%e3%82%af%e3%81%a8%e3%81%af%ef%bc%9f/trackback/

No Comments Yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>