HTML / CSS / javascript対応の次世代エディタ「Brackets」

Adobeから公開されたシンプルな次世代エディタ「Brackets(ブラケット)」

開発に必要な機能+αがあるエディタで、HTMLソースを見ながらCSSが編集できるインライン編集機能

リアルタイムでソースを反映してくれるライブ・プレビュー機能など、作業効率の大幅なUpが見込める機能がデフォルトで備わっています。

日本語にも対応しており、扱いも簡単です。

「Brackets(ブラケット)」は以下のサイトからダウンロードができます。

「Brackets」の機能

Bracketsはとても使いやすく設計されているため、ここでは簡単に機能の紹介をします。

Brackets
Bracketsの主な機能
  • HTML/CSS/JavaScriptのシンタックスハイライト
  • ライブ・プレビュー
  • 入力候補の表示を行うインテリセンス
  • HTML/CSS/JavaScriptの構文チェック
  • インライン編集
ライブ・プレビュー

ライブ・プレビューとはソースファイルや画面の更新をしなくても、リアルタイムで変更が画面に反映される機能です

「ファイル」>「ライブ・プレビュー」をクリックすると、ライブ・プレビューが開始されます。
Brackets

インライン編集

インライン編集はHTMLソース上で、カーソルが当たっているタグのCSSを直接編集できる機能です。

CSSを表示したいタグにカーソルを当てて「Ctrl+E」を押すとインライン編集ができます。
Brackets
divider

Trackback URL

http://webnonotes.com/tool/brackets/trackback/

No Comments Yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>